芝学園同窓会 芝中学校・芝高等学校WEBへ | お問い合わせ
ホーム 同窓会とは 同窓会大会 同窓会情報 ネットワーク 協賛一覧 グッズ販売 お問合せ お知らせ
同窓会大会

第39回大会




           2006年 第39回同窓会大会を終えて

            (芝に感謝、 THANK YOU SHIBA.)

                                                                                  第39回同窓会大会実行委員長
                       中尾 誠男(56回)

     “6”の期の当番で運営した第39回同窓会大会は、実行委員全員、意義深いものであった。
  出席者421名は、これまでの大会での平均を超える芝ファミリーにご参集戴いた。
      又26回石田先輩、46回佐藤先輩には、大事な場面で夫々貴重なアドバイスを戴いた。

      運営の中心は、66回の諸君で、実行委員会を重ねる毎に纏まりがよくなり、26回から86回迄の年齢差を
   感じない良いチームワークが出来た。

               

  唯一残念だったことは、66回の中心であった副委員長山本君の急逝である。

  然しながら、残された長井副委員長中心とした66回の諸君が旧に倍する努力で引っ張ってくれた。山本君も
   泉下で今回の成功を喜んでいてくれるものと思う。

  若干厚かましいとは思ったが、Thank You Shiba の精神で色々な方々に様々なお願いをした。とりわけ、26
   回石田先輩には大会の為の商品の提供をお願いしたり、司会の松本秀夫君(75回)や中村かすみ嬢(64回中
   村始氏ご令嬢)にも特別にお世話になった。紙面をお借りして御礼申し上げる。

                              
 
      前回と異なり、学校外で開催する事はコスト増を抑えたい我々に、特別ご協力戴いた東京プリンスホテル山口
   先輩(50回)、鈴木君(79回)には心より御礼申し上げる。

      お陰で会場のセキュリティや不測の事態の対応他、東京プリンス殿で開催出来たことで、実行委員の肉体的、
   精神的負担は大幅に軽減できた。

      芝創立100周年記念大会という冠も戴いたので、芝ファミリーの皆様に大会への参加をお願いし易かったこと
   も成功の一因であった。

         

    会の進行は、タイムスケジュールの管理を実行委員で実施し、何回もシュミレーションを行った。

      本番では来賓の方のスピーチが熱が入り、時間をオーバーするハプニングがあったが、このシュミレーション
   のお陰で慌てずにすんだ。

      会に参加された方々のアンケート結果では、
                @同窓会の総会と大会が会場が分かれていて良かった。
                A座席がゆったりとして寛げた。
                B料理が美味しかった。(東京プリンス殿に感謝!! )
                C各代のクラス会や同期会、各大学芝の会なども会場が広かったので設営し易かった。
   など、お褒めの言葉を戴き、実行委員一同疲れも吹っ飛んだ。

      又福引も内容が豊富で、「ロッキー田中氏の富士山の写真の紹介は芝らしく、品があって良かった」と言う声が
   あった事も付言しておく。

      

      結びに、39回大会実行委員会、40回大会実行委員会合同で、76回白田君のリードで芝の校歌を歌った時
   に、目が潤んでいた実行委員は1人や2人ではなかった。年齢で涙腺が緩んだ訳ではない。達成感の賜物であ
   る事は、言うまでもない。

                       

      芝40回同窓会大会、7の期の実行委員の皆様に芝学園同窓会の旗を託しつつ、この感想文が些かでも
   来年の参考になればと思う次第である。    (2006年6月記)

                       

                                                                                            

【同窓会大会トップページに戻る】

 

 

space
line

芝中学校・芝高等学校WEBへ | 個人情報保護方針ホームページ委員会お問い合わせ

Copyright (C) Shibagakuen-Dousoukai. All Rights Reserved.